Q&A

中国輸入(物販)で得られるやりがいについて

  • 中国輸入で得られるやりがいについて教えてください
  • ネットショップをやってて良かったと思うことはなんですか?

このような質問を頂きましたので、この記事では「中国輸入(物販)で得られるやりがいについて」について話していこうと思います!

僕自身ネットショップ運営をゼロから始めて2022年9月で丁度4年たち、通算売上1億2千万円達成してきた経験があるので、

この記事を読めば

  • 「やりがい」について、少し理解が深まる
  • 「やりがい」のある仕事を探している人の参考になる

と仕事のやりがいで悩んでいる人の役に立つはず!!

やりがいがあるか知りたくなる理由

近年「やりがい搾取」という言葉を代表するように、「やりがい」という言葉を多く耳にする機会が増えました。

ビジネス系のYouTubeでは「〜さんの仕事でやりがいを感じるときは?」という質問が「鉄板ネタ」で質問されています。

これから、就職やキャリア選択をする学生さんたちは「どうせやるならやりがいのある仕事をしたい」と思っている人も少なくなさそうです。

満たされた時代

ではなぜ近年「やりがい!」「やりがい!」とみんな声を揃えて求めるようになったのでしょうか?

それは、皆「現在の仕事の大半が価値を生んでいないことに薄々気づいているから」だと思います。

現代は生活するには「豊かすぎる」くらいなんでも安価で揃ってしまいます。

日本人ほぼ全員、明日食べるご飯には困りませんし、家には快適に過ごせるクーラーやテレビが備え付けられています。

スマホ1台あれば、娯楽は山のようにありますし、友人や家族と連絡を取ることも簡単です。

要するに、現代人は既に「満たされている」ということ。

しかし、資本主義経済の中「僕たち」はお金を稼がなければ(価値を生まなければ)なりません。

不便が無くなってしまった現代で「不便を解決する」という(価値を生む)手段が使えなくなり「付加価値」を付けられる企業が現在の勝者になっています。

このようなことに皆「薄々気づいてる」

なので、やりがいを求める人が増えた。

ということなのかな?と

不便がたくさんあった時代

現に、1960年代〜2000年代の頃に働いていた人は、今では考えられないほど「やりがい搾取」といえる状況で働いているにも関わらず、皆「やりがい」を持って働いていたのではないでしょうか?(生まれてないから推測だけど)

それは恐らく、

やればやるほど生活が国が豊かになっていき、満たされていく。

そして、それを生み出し「目に見えて周りにいい影響」を与えている自分の仕事に「誇り」を感じる。

このような人が多かったからではないでしょうか?(生まれてないから知らんけど)

モノを大量に生産し販売する。

そして、不便や不満を解消していくことで、「価値」を生み出し「意味」を感じられた。

しかし、現代でもその仕事内容はあまり変わっておらず「意味」を感じずらい世の中であると。

どうすればやりがいのある仕事を見つけられる?

以上の理由で、現代は「やりがい(意味)」を求める人が多い。

なぜなら、仕事に意味を見出せないから。

なので、職選びで「やりがいか?お金か?」みたいな論争が起きる。

僕自身にも「参考までに」中国輸入や物販業で得られるやりがいを聞いてみる。

どうせやるなら「自分に合ったやりがいのある仕事」にリソース(努力・時間)を費やしたい。

だって「頑張って努力して成果を出したにも関わらず、やりがいを感じられなかったら嫌だから」

このような感じでしょうか?

これは、僕に質問してくださった質問者さんの推測ではなく、YouTubeやテレビでよく耳にする「就活生のあるある」から推測した物です。

現在僕の「とてつもなく浅い」経験から考察するに、この考え方は「少しズレている」と感じます。

  • やりがいのある仕事
  • やりがいのある職業

これは確かにあると思います。

もう少し面倒臭い言い回しにすると

やりがいを「感じやすい」仕事や職業はあるといったところだと思います。

ただ、「やりがい」を職業や仕事内容に求めすぎるのはズレている。

なぜなら「やりがい」は「成果に比例する」と思うからです。

成果に比例する

僕は今現在「物販」でも「発信」でも「やりがい」を多少感じてできています。

※どちらかというと「使命感」的な表現が正しい気もしますが…

ではなぜ感じられているか?

それは間違いなく「成果が出ているから」です。

「この仕事は私に向いていないのではないだろうか?」

「この仕事でやりがいが感じられない…」

このようなことで悩んでいる人は「胸に手をあて」自問自答してみてください。

「自分は抜きん出た成果を出しているだろうか?」

と。

浅はかな経験談で恐縮ですが、僕自身は「生活のために」ネットショップを始めました。

「なんとなく」今の商材を選びました。

ネットショップが好きだったわけでも、今の商材と深いストーリーや思い入れがあるわけでもありません。

自分の求める生活スタイルを実現するために「仕方なくやった」という感じです。

やりがいを感じたときは、「ある程度」周りより抜きん出た成果を出したとき

「ああ、社会の役に少しは立ってるんだ…」と感じたときです。

やりがいを感じるには

要するに、

  1. 昔は「普通に働いていれば」意味(やりがい)を感じやすい環境だった
  2. 現代は「成果を出さないと」意味を感じづらい状況になっている
  3. やりがいは仕事や職業で決まらない場合が多い
  4. やりがいは「成果と比例関係」にある場合が多い
  5. やりがいを感じられる仕事を探すより、まずは成果を出すことに集中してみよう!

ということを伝えたかったです。

なにかの「研究結果」でも、好きや情熱は「費やした時間やリソースに比例する」といったことを聞いたことがあります。

例えるなら

この仕事が大好き!俺は仕事と出会えて幸せだ!

(と思っているけど、実は)

この仕事にたくさん時間を費やした

→結果好きになった!

→なのでさらやる

→抜きん出た結果出る

→結果好きでやりがいを得られる仕事になる

という順番だということ。

「自分が情熱を注げる仕事」

「やりがいを感じられる仕事」

を探すも探すも見つからないのは、それは「存在しないユニコーン」だからではないでしょうか?

なぜなら、「情熱」も「やりがい」も仕事に費やした「時間」と「成果」によって得られるから。

そして、「探している間」は「時間」も費やさない。結果好きにもならず「成果」も出ないので見つからない。

このような仕組みになっているのではないか?と個人的には思っています。

まとめ

今回は「やりがいについて」解説してみました。

情熱を注げる運命的な仕事は、探しても見つからないユニコーンなので、とりあえずなにかに全力に取り組んでみるのがいいんじゃないのかな?と思い記事にしました。

それではまた!

TAKAHIRO

【有料メルマガ】TAKAHIROの戦略会議室はじめました!

ぜひ、一度覗いていただけると嬉しいです。

TAKAHIROメルマガ(noteメンバーシップ)

  1. 月額500円(初月無料)
  2. 「結果」ではなく「過程」を発信
  3. 内容・ジャンルは僕が取り組んでいるもの全般(物販、発信系、その他)
  4. その他、最近インプットした内容(本など)を記事にまとめています
TAKAHIRO

買付するときに「代行手数料」がかかるけど、このリンクから登録で30日間は無料になるよ!

【楽天市場の資料請求】

そのほか、楽天市場などのショッピングモールに出店を検討している人や興味を少しでも持った方は、無料なので楽天市場の出店資料を問い合わせてみてください。

僕自身も資料請求がきっかけで出店を決め、現在では1番大きな「売上の柱」となっています。

【TAKAHIROのネットショップ大学】

僕自身のルーティン動画です!

これからネットショップを始める人の参考になれば嬉しいです

サブチャンネルでラジオ動画も始めました!

ABOUT ME
TAKAHIRO
自宅で妻と2人ネットショップを経営4年目 ・27歳まで社畜 ・現在の年商4000万 ・受賞歴:楽天市場月間優良ショップ ・通算売上1億円突破 ・好きなもの:ゼルダの伝説、ドラクエ、NBA

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA